メサラジン500mg

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

有効成分:メサラジン(Mesalazine)500mg


商品の詳細

メサラジンは、メサラミン成分配合で潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として有名です。
腸の炎症による腹痛、下痢、血便などの症状を改善します。
潰瘍性大腸炎やクローン病というのは腸の病気で炎症を引き起こし、症状として下痢や血の混じった血便、お腹の痛みなどを発症します。
メサラジン500mgは、炎症の原因となる物質を除去し、炎症の進行や組織の障害を抑制する働きがあります。

ご使用方法

【潰瘍性大腸炎】成人には、メサラジンとして1日1500mgを3回に分けて食後に服用します。
症状が安定した状態の場合、必要に応じて1日1回の服用とすることができます。
なお、年齢、症状により適宜増減しますが、1日2250mgを上限としてください。
ただし、症状の活動期には、必要に応じて1日4000mgを2回に分けて服用することができます。
【クローン病の場合】成人にはメサラジンとして1日1500mg~3000mgを3回に分けて食後に服用します。
なお、年齢、症状により適宜減量してください。

副作用

メサラジン500mgを服用することで、以下の副作用が報告されています。
・貧血、発疹、皮膚そう痒感、丘疹、紅斑、蕁麻疹、脱毛、下痢、腹痛、血便、下血起こる可能性のある重大な副作用・間質性肺疾患、好酸球性肺炎、肺胞炎、肺臓炎、間質性肺炎、発熱、咳、呼吸困難、胸部X線異常、心筋炎、心膜炎、胸膜炎、胸水、胸部痛、心電図異常、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、腎機能低下、急性腎不全、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少症、肝炎、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、膵炎普段とは異なる症状があらわれた場合、速やかに医者、薬剤師の診断を受けてください。
有効成分 メサラジン(Mesalazine)500mg 内容量 100錠
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.