メチメズ(メチマゾール)5mgは、甲状腺ホルモンの過剰な分泌を抑制し、甲状腺機能を改善します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

甲状腺ホルモンの過剰な分泌を抑制し、甲状腺機能を改善します。
有効成分:メチマゾール 5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱30803080
2箱20904180
3箱16604980
5箱12766380

商品の詳細

メチメズは、甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑止し、甲状腺機能を改善する治療薬!
有効成分メチマゾールが発汗や頻脈、イライラや動悸など、様々な甲状腺異常による症状を落ち着かせてくれます。
同成分が配合されている薬剤「メルカゾール」のジェネリックとして販売されているお薬です。
甲状腺ホルモンは細胞の代謝を上昇させる働きがあるホルモンであり、ホルモンが不足しても過剰になっても身体には様々な影響をもたらします。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている状態を甲状腺機能亢進症と言います。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、細胞の代謝が異常に高くなり、動悸や息切れ、頻脈や発汗、易疲労感や焦燥感、食事を摂っていても体重が減少するなどの症状がみられます。
代表的な甲状腺機能亢進症としてはバセドウ病が知らえています。
甲状腺機能亢進症の治療方法の一つに薬物による治療があります。
これは、甲状腺ホルモンの働きを薬物で抑制することでホルモン量を調整する治療方法です。
甲状腺ホルモンの働きを抑制する機能が期待されている成分の一つに、有効成分メチマゾールがあります。
甲状腺ホルモンの原料となるのはヨウ素です。
ヨウ素はヨウ素化合物と酵素が結合することで生成されます。
そして生成されたヨウ素が、アミノ酸の一種であるチロシンと結合することで甲状腺ホルモンとなります。
が3つのヨウ素と結合すると、トリヨードチロニン(トリヨードサイロニン:T3)4つのヨウ素と結合するチロキシン(サイロキシン:T4)と呼ばれる甲状腺ホルモンが生成され、新陳代謝と深く関連していることが分かっています。
メチマゾールはまず、ヨウ素化合物と酵素の結合を阻害します。
また、2種類の甲状腺ホルモンの結合も阻害することが分かっています。
甲状腺ホルモンの原料を減少させ、ホルモン生成自体も阻害することで甲状腺ホルモンの分泌を抑制しているのです。

ご使用方法

1日に3回、8時間ごとに同量を服用します。
初期は軽度の甲状腺機能亢進症に対して、1日当たり15㎎、中度の場合は30,40㎎、重度では60㎎を3回に均等に分けて服用します。
維持量は1日あたり5~15㎎です。
高齢者の場合、体重1kgあたり0.4mgを1日3回に分けて服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 AST(GOT)、ALT(GPT)上昇、嘔吐、下痢、食欲不振、脱毛、頭痛、めまい、じんましん、発熱など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.