メマンチン10mgは、メマンチンはナメンダのジェネリック商品になります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

メマンチンはナメンダのジェネリック商品になります。メマンチンは脳内神経伝達物質であるグルタミン酸の過剰排出を抑制し、その働きを阻害して神経細胞を保護する新タイプのアルツハイマー型痴呆症の治療薬です。
有効成分:メマンチン10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
2箱17403480
3箱13273981
5箱9564780

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
メマンチンは、認知症の進行抑制に用いられるお薬です。
抗認知症薬の多くは、脳内の情報をやりとりする物質であるアセチルコリンを分解する酵素である、アセチルコリンエステラーゼの働きをおさえることで効果を発揮します。
メマンチンでは、他の抗認知症薬とは異なり、NMDA受容体に働きかけることで認知症の進行をおさえます。
脳の神経の過剰な興奮をおさえる働きがあり、物忘れがはげしくなる、何度も同じことを繰返すといった症状を改善します。
メマンチンは国内でも「メマリー」という商品名で使用されており、中等度~重症のアルツハイマー型認知症に対して用いられています。
アルツハイマー型認知症とは、1907年にドイツのアルツハイマー博士によって報告された、認知症における分類の一つです。
認知症における大半を占めているといわれており、脳が器質的に変性することが関係しているといわれています。
進行性の疾患であり、根本的な治療法も見つかっていないため、薬物療法による進行抑制が重要であると考えられています。
服薬によって劇的に症状が改善することはあまりありませんが、進行させないということが重要なポイントとなるのです。
メマンチンは中等度~重症のアルツハイマー型認知症の認知機能を改善するだけでなく、日常生活の質を高めて、様々な機能を改善する働きがあることがわかっています。
軽度ではアリセプト(成分名:ドネペジル)などのコリンエステラーゼ阻害薬が選択されますが、中等度以上ではメマンチンを併用することで、より高い効果が認められています。
アルツハイマー型認知症では、ピルタミン酸神経系の機能異常が関与するといわれています。
ピルタミン酸受容体のサブタイプである、NMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体チャネルの過剰な活性化は、認知症の原因の一つであると考えられています。
メマンチンの作用機序は、NMDA受容体チャネルを阻害するはたらきにより、認知機能の低下をおさえます。
使用方法メマンチンの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。
中等度及び高度アルツンイマー型認知症における認知症症状の進行抑制 成人では、メマンチン塩酸塩として1日1回、5mgから服用を開始してください。
1週間に5mgずつ増量して、1日1回20mgで継続することで、最大限の効果を発揮します。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

メマンチンの副作用としては「めまい、頭痛、肝機能異常、便秘、食欲不振、血圧上昇、転倒、浮腫、傾眠、不眠」などが報告されています。
めまいなどの副作用は、特に服用を開始した初期にあらわれやすいので、注意をするようにしてください。
禁忌は「本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者」とされています。
腎機能障害のある方では、血中濃度に影響をおよぼす可能性があるので、薬剤の調節を検討するようにして下さい。
ドパミン作動薬(レボドパなど)、ヒドロクロロチアジド、シメチジン、尿アルカリ化を起こす薬剤(アミタゾラミド)、NMDA受容体拮抗作用を有する薬剤(アマンタジン塩酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物など)を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しては、専門家の判断を仰ぐようにしてください。
授乳婦については、動物実験において母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
認知症によって機械の操作能力が低下している上、本剤の投与によって眠気やめまいが起こることがあるので、自動車運転や機械の操作を行う際には十分に注意をするようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.