モデュス (プロベラジェネリック)は、モデュスは、黄体ホルモンの不足が原因の不妊症や更年期障害などを治療するお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

モデュスは、黄体ホルモンの不足が原因の不妊症や更年期障害などを治療するお薬です。代表的な黄体ホルモン剤「プロベラ」のジェネリック医薬品です。
有効成分:Medroxyprogesterone(酢酸メドロキシプロゲステロン)10mg

商品の詳細

モデュスは、黄体ホルモンの不足が原因の不妊症や更年期障害などを治療するお薬です。
代表的な黄体ホルモン剤「プロベラ」のジェネリック医薬品です。
黄体ホルモンのはたらきおもな女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンがあり、どちらも卵巣から分泌されます。
女性の生理周期では、はじめに卵胞ホルモンが分泌されて卵子が育ち、排卵がおきます。
排卵がおきた後は約2週間黄体ホルモンが分泌されます。
これが基礎体温の高温期にあたります。
黄体ホルモンは、子宮内膜を充実させて受精卵が着床しやすいようにする働きがあります。
妊娠しなかったときは黄体ホルモンの分泌がとまり、子宮内膜ははがれて月経がはじまります。
妊娠したときは黄体ホルモンの分泌が続き、子宮内膜を充実させて妊娠を維持するはたらきをします。
黄体ホルモンはその他に、自律神経を安定させる、骨密度を保つなど、女性の生理作用のバランスをたもつさまざまな働きをしています。

ご使用方法

モデュスは使用目的によって服用期間などが異なってきます。
不妊治療、生理不順の治療には、高温期にモデュスを2週間服用してください。
流産の予防、更年期障害の治療には、少量のモデュスを継続して服用してください。
モデュス (プロベラジェネリック)はどんなときにのむお薬ですか不妊症の原因が黄体ホルモンの不足にある場合に使用されます>不妊症には、女性の側に原因があるものに限っても、つぎのようなさまざまなタイプがあります。
卵子が卵巣から排卵しない。
卵管がつまるなどで、受精できない。
子宮内膜が育たず、受精卵が着床できない。
子宮頸管に精子の動きをじゃまする抗体ができる。
プロベラジェネリック(モデュス)はこのなかで、黄体ホルモンの不足によって子宮内膜が育たず、受精卵が着床できないタイプの不妊症に使用されます。
流産、早産の予防に使用されます>黄体ホルモンが不足して子宮内膜が充分に育たないと、胎盤から胎児への酸素や栄養の供給が不足して、それが切迫流産や習慣性早産の原因になります。
プロベラジェネリック(モデュス)は黄体ホルモンを補給して、妊娠を安定して維持するはたらきをします。
生理不順、不正出血、無月経の治療に使用されます>黄体ホルモンが不足すると、基礎体温が高温期でも上がらなくなり、生理周期に異常が生じます。
プロベラジェネリック(モデュス)は高温期に服用することで、黄体ホルモンを補給してこのような症状を改善します。
更年期障害のホルモン療法でエストロゲンと平行して使用されることがあります>女性ホルモンの不足による更年期障害の治療にはおもにエストロゲンが使用されますが、エストロゲンの服用による副作用を防ぐためなど、バランスのとれたホルモン補給のために黄体ホルモンも使用されることがあります。
とくに更年期からはじまる骨密度の減少を防ぐには、黄体ホルモンが重要な役割をします。
性同一性障害のホルモン療法にも使われることがあります>性同一性障害の人が女性らしい身体になるために、エストロゲンと平行して黄体ホルモンの補給をすることがあります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.