モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mgは、日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です。花粉症などのアレルギー性鼻炎の鼻づまりを解消する効果もあり、抗ヒスタミン剤があまり効かないときに有効です。
有効成分:モンテルカスト 10mg


商品の詳細

モンテルカストは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬です。
アレルギーや喘息の症状を引き起こす物質をおさえ、鼻炎症状や気管支の収縮を改善します。
鼻水が止まらない、咳が続く、喘鳴がするといったつらい症状に、効果をあらわします。
モンテルカストは、「ロイコトリエン(LT)受容体拮抗薬」に分類されるお薬です。
国内では医療用医薬品としても、「シングレア」や「キプレス」の商品名で幅広く使用されています。
モンテルカストは、システイニルロイコトリエン-タイプ1受容体(Cys-LT1受容体)に選択的に結合して、炎症を引き起こす物質であるLTD4やLTE4を抑制します。
アレルギー性鼻炎では、アレルギーの原因物質に触れた際に、システイニルロイコトリエンが鼻粘膜から放出され、鼻腔通気抵抗を上昇させて鼻閉症状を増悪させることがわかっています。
ロイコトリエン受容体の作用を遮断することにより、アレルギー性鼻炎の症状を緩和します。
また、気管支喘息では、気管支収縮、血管透過性の亢進および粘液分泌促進などの効果を発揮することで、抗喘息作用として、喘息性炎症の種々の因子を改善します。
疾患について私たちの体は、鼻から吸い込んだものを有害と判断すると、くしゃみや鼻水で排出したり、鼻づまりを起こして体内に入らないようにする、防御反応を持っています。
これらの防御反応が過剰にはたらいてしまうと、花粉やハウスダストなどの、さほど有害でないものにも強く反応してしまい、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりなどのアレルギー症状を引き起こします。
このような反応のことを、アレルギー性鼻炎とよびます。
また、ハウスダストや煙、ダニ、寒冷刺激、ストレスなどのさまざまな原因が引き金となり、過敏反応として気管支や気管支平滑筋の炎症、浮腫、軌道分泌の亢進を起こすことを、気管支喘息といいます。
気道が狭くなるによって、喘鳴(喉のヒューヒュー音)、息切れ、咳、痰などの症状があらわれます。
発作時にはこれらの症状が悪化して呼吸困難や酸欠などを引き起こし、時には死に至ることもあるので、注意が必要です。
使用方法 アレルギー性鼻炎 成人ではモンテルカストとして5~10mg を1日1回、就寝前に服用するようにしてください。
気管支喘息 成人ではモンテルカストとして10mg を1日1回、就寝前に服用するようにしてください。

副作用

使用上の注意 軽度の副作用 – 痒み、頭痛、眠気、下痢、腹痛、蕁麻疹など 重大な副作用 – アナフィラキシー、血管浮腫、劇症肝炎など 禁忌 – 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方 併用に注意しなくてはならない薬剤 – フェノバルビタールなど ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにしてください。
使用上の注意 妊娠や授乳をしている方については、本剤の使用は専門家の判断を仰ぐようにしてください。
一定期間の服用によって効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないようにしてください。
めまいやふらつきが起こる可能性があるので、自動車運転や高所作業などは、避けるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.