ユリマックスD(デュタステリド/塩酸タムスロシン)は、男性の『排尿障害』の治療と『前立腺肥大』の縮小を同時に達成する画期的なお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

男性の『排尿障害』の治療と『前立腺肥大』の縮小を同時に達成する画期的なお薬!デュタステリド(アボダートやアボルブ)と、タムロシン(ハルナール)が配合されており、前立腺肥大の症状と根本原因を同時に治療!
有効成分:タムスロシン0.4mg + デュタステリド0.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱40324032
2箱29215842
3箱26097827
5箱232211610

商品の詳細

ユリマックスDは、前立腺肥大が原因の排尿障害の緩和(塩酸タムロシン)と、前立腺肥大の縮小(デュタステリド)両方に効果がある2つの成分が配合された画期的なお薬です。
前立腺肥大で排尿障害が現れた場合の治療法 前立腺肥大になると排尿障害が現れ、その症状を緩和するお薬としてハルナール(塩酸タムロシン)を服用します。
肥大化した前立腺を縮小するお薬として、デュタステリド(アボダートやアボルブ)が別途処方されます。
ユリマックスDには上記2種類の成分が配合された前立腺肥大+排尿障害治療薬となります。
ユリマックスDは、前立腺肥大症などにおける、排尿困難や夜間頻尿の症状を治療するお薬です。
夜トイレに行きたくなる、トイレが近い、尿の出が悪い、残尿感があるといった症状を改善するお薬です。
ユリマックスDでは2つの成分が配合されており、相加・相乗的な作用が期待できます。
「排尿障害治療薬」という分類のお薬で、α1遮断薬であるタムスロシン塩酸塩0.4mgと、5α還元酵素阻害薬であるデュタステリド0.5mgを有効成分として含有する医薬品です。
医療用医薬品では、それぞれ「ハルナール」、「アボルブ」として用いられているお薬で、現在広く用いられています。
排尿障害は、尿が出にくいという閉塞症状と、尿が近い・切迫感による蓄尿症状より形成されています。
男性の排尿障害における第一選択としては、交感神経選択的α1遮断薬が選ばれています。
ユリマックスDの成分であるタムスロシン塩酸塩はα1遮断薬であり、従来用いられていたプラゾシン塩酸塩の2.2倍、フェントラミンメシル酸塩の40倍強いα1遮断効果を持つことが分かっています。
また、もう一つの成分であるデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1 型及び2 型の5α還元酵素を阻害する効果があることが分かっています。
ジヒドロテストステロンは前立腺肥大に関与する主なアンドロゲンであり、デュタステリドの服用によって前立腺の縮小効果が期待できるのです。
これら2剤によって尿道出口の閉塞が緩和され、前立腺が縮小することで、排尿障害を改善するのです。
また、前立腺肥大そのものや、夜間頻尿(就寝中3回以上トイレに行きたくなる)を呈する方にも、非常に有効なお薬です。
一方で、本剤を服用しても前立腺肥大の症状が収まらない場合は、悪性腫瘍などの重篤な疾患の可能性が示唆されるので、医師の診察を受けるようにしてください。
前立腺肥大症の男性はED(勃起不全)に悩んでいる方が大部分で、ED治療薬で容易に改善でき、性生活の満足度を高めることができます。

ご使用方法

効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
前立腺肥大症および、前立腺肥大症に伴う排尿障害 成人にはタムスロシン塩酸塩として0.2mgを、1日1回食後に経口投与するようにして下さい。
(年齢、症状により適宜増減) 成人にはデュタステリドとして1 回0.5mgを、1日1回経口投与するようにして下さい。
ユリマックスDではタムスロシン塩酸塩0.4mgと、デュタステリド0.5mgが含有されています。
タムスロシン塩酸塩は1錠当たり通常量の倍量処方となっているため、はじめは半錠程度から開始をするようにして下さい。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合など、忘れた分を一度に飲むことは、絶対にしないようにして下さい。

副作用

使用上の注意副作用としては「眩暈、ふらふら感、立ち眩み、そう痒感、発疹、胃不快感勃起不全、乳房障害」などが報告されています。
特に、重大な副作用としては「失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、女性、小児、重度の肝機能障害のある患者」とされています。
肝疾患を有する方、又はその既往歴のある方は、肝障害が発現又は増悪する恐れがあるので、投与する場合は定期的に肝機能検査を実施するようにして下さい。
本剤に含まれるα1遮断薬によって、術中虹彩緊張低下症候群が起こることが報告されています。
眼科的手術を受ける予定がある場合には、医師に本剤を服用している旨を伝えるようにして下さい。
リトナビル等のCYP3A4を阻害するお薬を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
また、降圧剤やホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物など)を併用すると、血圧が過度に低下して意識消失などを起こす可能性があります。
これらの薬剤を併用している場合には、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.