ユークロマクリームは、「皮膚の漂白剤」として有名なハイドロキノンを含有する美白クリームです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

「皮膚の漂白剤」として有名なハイドロキノンを含有する美白クリームです。シミの原因となるメラニンを減らし、お肌のシミやくすみ、黒ずみを改善します。
有効成分:ハイドロキノン(Hydroquinone) 4%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱24122412
3箱11643492
5箱7533765
7箱6284396
10箱5125120

商品の詳細

ユークロマクリームは、日焼けによるシミ・ソバカスの予防や治療するお薬です。
ユークロマクリームに「トレチノイン」、「炎症を抑える成分」が含まれたユークロマプラスクリームもございます。
美白、シミ取り、色素沈着の除去、シミの予防など、気になる肌の症状を改善します。
化粧品や医薬品にも含まれている成分で、メラニン生成抑制効果と高い還元力によって、効果をあらわします。
ユークロマクリームには、有効成分として「ハイドロキノン(Hydroquinone) 4%」が配合されています。
ハイドロキノンは、メラニン合成に関わるチロシナーゼの活性を抑えることによって、シミのもととなるメラニンの生成を抑制します。
メラニンは酸化することで濃い色素を持ったメラニンとなるため、紫外線などでメラニンが酸化されてしまうと、皮膚の黒ずみを生じます。
ハイドロキノンは強い還元力を持っており、酸化されたメラニンにはたらきかけることにより、薄いメラニンに戻すはたらきがあります。
これらの2つの作用により、美白やシミ取り、色素沈着の予防・除去など、気になる肌のトラブルに効果を発揮します。
ハイドロキノンについてハイドロキノンは、美白やシミ取り効果を狙った商品の中でも、人気の高い成分です。
国内では2002年から化粧品に対しても配合することが可能となりました。
一般的に化粧品に配合されているのは1~2%、医療用では4~10%の濃度で配合されています。
国内では、濃度における法律上の規制はありませんが、米国では4%以上は医薬品として規定されています。
シミの原因であるメラニン合成を抑制する効果と、メラニンを薄くする高い還元作用を持っています。
日焼けなどが原因となるシミや、色素沈着の治療に用いられています。
ハイドロキノンのような還元剤の成分は、相手(メラニン)を還元する代わりに、自らは酸化されてしまいます。
よって、「還元作用が強い=酸化されやすい」ということになるので、酸化されやすいということは、強い効果を持っていることの裏返しでもあるのです。
現在では酸化されにくいように安定性を高めた「安定型ハイドロキノン」というものもありますが、効果がやや劣るため、同じ効果は期待できません。
使用方法塗布する部分を洗浄し、乾燥後に適量を塗布してください。
通常、1日1~2回程度の使用で、毎日継続して使用してください。
※2~3ヶ月使用して効果があらわれない場合には、他の治療方法を検討してください。
刺激が強い場合には、保湿薬を塗布して乾燥後に、本剤を使用することがおすすめです。
本剤を使用中は新たなシミの沈着を抑えるために、日焼け止めの塗布など、紫外線対策を行うようにしてください。
使用する前に、目立たない部位でパッチテストを行うようにしてください。
赤みや腫れなどが出る場合には、過敏反応やアレルギー反応が起こる可能性があるので、使用を控えてください。

副作用

使用上の注意 副作用:かゆみ、皮膚の赤み、発疹、かぶれ、落屑(粉を吹く)など 使用上の注意:ユークロマクリームは非常に酸化しやすいため、開封後は早めに使用してください。
開封後は冷蔵庫で保管して、1か月以内に使用するようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.