ラコセット(ラコサミド)200mgは、ラコセット(ラコサミド)200mgという医薬品は、ナトリウムチャネルブロッカーに分類され、新しい作用が期待できる抗てんかん薬として知られています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ラコセット(ラコサミド)200mgという医薬品は、ナトリウムチャネルブロッカーに分類され、新しい作用が期待できる抗てんかん薬として知られています!
有効成分:ラコサミド 200mg


商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
ラコセット(ラコサミド)200mgという医薬品は、ナトリウムチャネルブロッカーに分類され、新しい作用が期待できる抗てんかん薬として知られています!
一般的な抗てんかん薬は、ナトリウムチャネルブロッカーの不活性化を急速に促進させますが、ラコセット(ラコサミド)200mgは、穏やかなスピードでの促進を促すところが大きな作用の違いです!
医薬品を併用する場合には、何かといろいろな制限がされているなか、ラコセット(ラコサミド)200mgは、相互作用を壊すことなく他の医薬品との併用が認められています。
1日2回200mgの服用が勧められており、増量する場合には1週間の断薬期間を設けていくことで医薬品の作用の様子を知ることもできます。
ラコセット(ラコサミド)200mgは、今まで摂取していた抗てんかん薬に著しい効果を感じられないときに、併用することで互いの医薬品の相乗効果を発揮することができ、併用の場合にも安全に取り入れることができます。
ラコセット(ラコサミド)200mgでは、処方された医院にて心電図の検査を必要に応じて受けることもすすめられています。
また、医薬品には基本的に食前・食後・就寝前など、服用するに当たって時間帯を決められている場合が多くあります。
ラコセット(ラコサミド)200mgは、ご自身の好きなタイミングで服用することができ、てんかんを発症してからも穏やかな作用を発揮していきます。
継続的な服用でてんかんに対する効果もより高くなっていくことが明らかになっています。
重大な副作用は挙げられてはいませんが、その方の体質によっては何らかの症状を感じることもあるため、少量からの服用をしたり、医師や薬剤師の方との相談をし、適切な容量での服用を心がけることが大切です。

ご使用方法

成人で、1日100㎎から開始し、1週間後に1日あたり200mgまで増やし、1日2回に分けて服用。
症状により1日当たり400mgまで増量できるが、1週間以上空けて100mgずつ増量。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、眠気、目のかすみなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.