ラミシールジェネリック250mg28錠(テルビナフィン)は、ラミシールジェネリック(テルビナフィン)は、水虫やカンジダ症を治療する抗真菌薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)は、水虫やカンジダ症を治療する抗真菌薬です。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症に効果的。
有効成分:テルビナフィン(Terbinafine)250mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
3箱16604980
5箱13166580
7箱11838281
10箱103810380

商品の詳細

テルビナフィン配合の有名な水虫治療薬のジェネリックになります。
ラミシールジェネリックは、水虫、たむし、爪カンジダ症を治療するお薬です。
これらの原因となる真菌(カビの一種)を殺し、症状を改善します。
通常は局所療法(ラミシールクリームなど)が優先されますが、角質の肥厚した角化型や爪白癬などの難治型には、本剤の内服が効果的です。
ラミシールジェネリックは「アリルアミン系抗真菌薬」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「テルビナフィン250mg」が配合されています。
ラミシールジェネリックは、真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼを選択的に阻害し、スクアレンの蓄積並びにエルゴステロール含量の低下をもたらすことによって抗真菌作用を示します。
皮膚糸状菌に対しては低濃度で細胞膜構造を破壊し、殺真菌的に作用することが期待できます。
医療用医薬品としても「ラミシール錠」という商品名で、多くの方に使用されています。
抗真菌薬はラミシールジェネリックの他に、ファンギソン、フロリード、ジフルカン、イトリゾール、エンペシド、ルリコン、クレナフィンなどが用いられています。
(外用製剤も含む) 疾患について真菌は自然界に広く分布しており、その数も数万種類といわれており、人体に病原性を示すものは50種類程度が発見されています。
真菌症は、皮膚の表面(角質、表皮など)にとどまる表在性真菌症と、深部(真皮から皮下組織など)にとどまる深在性真菌症に大別されます。
表在性真菌症には、水虫やカンジダ症、癜風、マラセチア毛包炎などのなじみの深い疾患が分類され、真菌症全体の約90%を占めています。
深在性真菌症には、スポトリコローシス、深在性白癬などが分類され、一般的に難治性のものが多いとされています。

ご使用方法

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症。
※外用抗真菌薬で治療困難な場合に限る 深在性皮膚真菌症 (白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス) 表在性皮膚真菌症 (白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬) (カンジダ症:爪カンジダ症) 成人には、テルビナフィンとして125㎎(0.5錠)を1日1回、食後に食後に服用してください。
年齢や症状に応じて、適宜減量するようにしてください。

副作用

使用上の注意軽度の副作用 下痢、悪心、めまい、胃部不快感、胃部膨満感、腹痛、頭痛など 重大な副作用 発疹、発熱、血液検査値異常、紫斑、皮下出血、重篤な肝障害など 禁忌 重篤な肝障害のある方、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少等の血液障害のある方、本剤の成分に過敏症の既往歴のある方 併用に注意しなくてはならない薬剤 シメチジン、フルコナゾール、リファンピシン、三環系抗うつ剤、デキストロメトルファン、経口避妊薬(ピル)、シクロスポリンなど ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意 長期投与する場合には肝機能異常や血液検査値異常、網膜の異常などが報告されているので、専門家に相談してください。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、授乳中の婦人は、本剤を服用しないようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.