リオフェン(バクロフェン)10mgは、筋肉の緊張やけいれん、それによる痛みを和らげるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

筋肉の緊張やけいれん、それによる痛みを和らげるお薬です。病気やけがで脳や中枢神経が損傷することによって起きる、筋肉の反射作用の異常を改善します。日本ではリオフェンと同じ成分のお薬として、ギャバロン錠5mg 錠(第一三共 )、リオレサール錠5mg 錠 (ノバルティスファーマ社)などがあります。
有効成分:バクロフェン10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
2箱16903380
3箱12933879
5箱9364680

商品の詳細

筋肉の緊張やけいれん、それによる痛みを和らげるお薬です。
病気やけがで脳や中枢神経が損傷することによって起きる、筋肉の反射作用の異常を改善します。
日本ではリオフェンと同じ成分のお薬として、ギャバロン錠5mg 錠(第一三共 )、リオレサール錠5mg 錠 (ノバルティスファーマ社)などがあります。
脳性マヒや多発性硬化症などの神経に障害が生じる病気は、筋肉の反射作用の異常という症状がともないます。
筋肉のこわばり、けいれん、痛みなどです。
交通事故や脳卒中の後遺症でも同じ症状が起きることがあります。
リオフェンの有効成分のバクロフェンは抑制系の神経伝達物質であるGABAのはたらきを活性化する作用があります。
筋肉が脳の指令にしたがって正しく動くためには、動かすだけでなく余計な動きをおさえるコントロールも必要です。
リオフェンはGABAのはたらきを強めることによって、余計な筋肉の反射をおさえて、痛みを取るとともに身体の動きをスムーズにします。
多発性硬化症、脳性まひ、脊髄まひ、髄膜炎、運動ニューロン疾患などの病気の他、脳梗塞の出術後や脊椎などの中枢神経を損傷するけがの後のリハビリにも効果があります。

ご使用方法

成人で1回当たり5㎎を1日3回服用し、3日間以上あけてから5㎎ずつ増量します。
維持量は1日当たり30~75㎎とされています。
服用量の原料の場合は、1,2週間かけて少しずつ減量します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 頭痛、よくうつ、きんにくつう、けいれん、眠気、歩行障害、意識障害など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.