リスパダールジェネリック4mgは、「リスパダール ジェネリック(リスペリドン)」は「抗セロトニン作用」、「抗ドーパミン作用」の両方を持つ、新しいタイプの「非定型抗精神病薬」で、統合失調症の治療薬として用いられています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

「リスパダール ジェネリック(リスペリドン)」は「抗セロトニン作用」、「抗ドーパミン作用」の両方を持つ、新しいタイプの「非定型抗精神病薬」で、統合失調症の治療薬として用いられています。
有効成分:Risperidone(リスペリドン)4 mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱43784378

商品の詳細

「リスパダール ジェネリック(リスペリドン)」は「抗セロトニン作用」、「抗ドーパミン作用」の両方を持つ、新しいタイプの「非定型抗精神病薬」で、統合失調症の治療薬として用いられています。
統合失調症とは精神疾患の一つで「妄想、幻覚」などの症状が現れ、通常の生活が送れなくなる病状です。
統合失調症は遠い昔から存在する病気とされていますが、いまだその原因が明確になっておらず、ある説では神経伝達物質の「ドーパミン」の過剰によって引き起こされるとも言われています。
統合失調症の症状は多くの精神機能障害としてあらわれ非常に多岐におよびます。
統合失調症自体は120人に1人という稀な病気ですが、思春期から青年期にかけて発症することがおおいとされています。
リスパダールの有効成分「リスペリドン」はドーパミン拮抗薬(5-HT2/D2拮抗薬)と呼ばれますが、脳内でドーパミン受動態を遮断し、ドーパミン神経系によって引き起こされる陽性症状を抑えます。
リスパダールは陽性反応に対して即効性があり、副作用も同系医薬品の中では少ないとされています。

ご使用方法

通常は成人の場合1日2回、各一錠から服用開始し、経過を見ながら少しずつ増量します1日の許容量は12mgです必ず医師の指導に従い服用してください副作用立ちくらみ、めまい、口の渇き、眠気、尿がでにく、便秘、体重増、動悸など使用上の注意服用量が増加した場合、こわばり、手のふるえ、じっとできない等のパーキンソン病に似た症状が出やすくなります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.