リファキシミン200mg は、海外では日本人に免疫がない微生物も多く、それによって下痢や腹痛、吐き気がよく起きます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

海外では日本人に免疫がない微生物も多く、それによって下痢や腹痛、吐き気がよく起きます。リファキシミンは海外旅行でおきやすい「旅行者下痢症」のお薬です。肝硬変の合併症で、肝機能の低下によって意識障害がおきる「肝性脳症」の治療にも使われます。
有効成分:リファキシミン 200mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱72247224
2箱616312326
3箱561516845
5箱526626330

商品の詳細

海外では日本人に免疫がない微生物も多く、それによって下痢や腹痛、吐き気がよく起きます。
リファキシミンは海外旅行でおきやすい「旅行者下痢症」のお薬です。
肝硬変の合併症で、肝機能の低下によって意識障害がおきる「肝性脳症」の治療にも使われます。
リファキシミンを有効成分とするお薬は日本では製造されていませんが、あすか製薬が海外製品の独占販売権を所有しています。
旅行者下痢症は海外旅行をする人がかかる病気ではもっとも多く、とくに東南アジアなどの発展途上国に滞在した人に多発しています。
タイのバンコクに2週間滞在した旅行者の4人に1人が発症したという報告もあります。
旅行者下痢症の原因は食事や水を通じて病原菌が体内に入ることで、旅行による疲労が重なることも関係しています。
病原菌でもっとも多いのは病原性大腸菌です。
リファキシミンは細菌の遺伝情報の伝達を阻害することで殺菌します。
消化管の中だけで作用するので副作用が少ないのが特徴です。
下痢、嘔吐、腹痛などの症状をすばやく解消するので、旅行日程の変更などを最小限にとどめます。
肝硬変の合併症である肝性脳症の治療にも使用されています。

ご使用方法

目安として成人で1日に3回服用を3日間継続します。
服用し忘れた場合、それに気づいてから早めに1回分を服用するか、次回の服用時間が近い場合は次回まで待ちます。
しかし1回で2回分を服用してはいけません。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 胃の痛み、吐き気、便秘、おなら、発熱、膣のかゆみ、発疹など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.