リブチン(リファブチン)150mgは、結核などの抗酸菌症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

結核などの抗酸菌症の治療薬です。抗酸菌は肺で繁殖して、痰、血痰・喀血(かっけつ)などの症状をひき起こす菌で、結核の他にマイコバクテリウム、アビウムコンプレックス(MAC)症などの原因になります。
有効成分:リファブチン 150mg


商品の詳細

結核などの抗酸菌症の治療薬です。
抗酸菌は肺で繁殖して、痰、血痰・喀血(かっけつ)などの症状をひき起こす菌で、結核の他にマイコバクテリウム、アビウムコンプレックス(MAC)症などの原因になります。
リブチンは他の抗生物質が効きにくい抗酸菌に効力を発揮します。
リブチンの有効成分であるリファブチンを配合したお薬は、日本ではミコブティンカプセル(ファイザー社)が販売されています。
結核は過去の病気と思われがちですが、2015年には世界で1040万人の患者が発生しています。
近年患者数の増加が著しくWHOが警告を出しています。
日本でも毎年約2万人の新たな結核患者が発生しています。
結核菌に感染しても発症しない人が多いのですが、免疫力が低下すると発症することがあり、高齢者施設などでの集団感染が問題になっています。
リブチンは抗酸菌に属する結核菌のDNAを破壊することで殺菌します。
結核菌以外にもマイコバクテリウム、アビウムなどの抗酸菌は、咳、痰、喀血などの肺の症状をひき起こします。
リブチンは一般的な抗生物質が効きにくいこれらの抗酸菌に効果を発揮します。

ご使用方法

目安として、1日に1回、150~300㎎を服用します。
多剤耐性結核症の治療には1日に1回300~450mgを服用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 食欲不振、腹痛、胃腸トラブル、下痢、食欲不振、発疹、かゆみなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.