ルプラックジェネリック10mg(トラセミド)は、ラシックス(フロセミド)より利尿効果が強く、低カリウム血症の副作用の発症率も低いループ利尿剤

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ラシックス(フロセミド)より利尿効果が強く、低カリウム血症の副作用の発症率も低いループ利尿剤!トラセミドはフロセミド(ラシックス)同様に体内の余分な水分を大量の尿として排泄し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です。
有効成分:トラセミド


セット数1箱あたり通常価格  
1箱35493549
2箱22404480
3箱18935679
5箱15967980
7箱14259975
10箱132813280

商品の詳細

ルプラックジェネリックはラシックス(フロセミド)と同様、余分な水分を排泄して身体のむくみを取る利尿剤で有効成分としてトラセミド10mgを配合しています。
※ルプラックの成分トラセミドは「ラシックス(フロセミド)」よりも利尿作用が強く、低カリウム血症の副作用が発症率が低いループ利尿剤です。
ルプラックのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分(トラセミド)・効果でありながら安く購入することができます。
心臓、腎臓、肝臓などの働きが悪くなると、体内に処理しきれなかった水分が溜まりむくみ(浮腫)が応じます。
ルプラックジェネリックの有効成分トラセミドは強力な利尿作用により体内の余分な水分を排出しむくみを改善し心臓の負担を軽減させるため、心不全をはじめ様々な疾患による浮腫の治療や足などのむくみ改善目的に世界中で広く使用されています。
海外では浮腫の治療以外に高血圧治療にも使用されています。
トラセミドは薬学的にはループ利尿薬に分類されますのでラシックスと同類の利尿剤です。
この系統の薬剤は水分や電解質の強力な排泄作用があり、利尿薬の中で最も作用の強いカテゴリーです。
腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑制することで尿量を増やします。
また血液の余計な水分が減少し血管壁のナトリウムも減少することによって血圧を下げる効果もあります。
ループ利尿薬は電解質のカリウムも大量に排泄するため低カリウム血症を引き起こす恐れがありますが、トラセミドは抗アルドステロン作用によりカリウム保持性を持っているためカリウムの排出が少なく低カリウム血症の副作用が起こりにくい利尿剤です。
また脂質代謝や耐糖能への影響も少ないので安全性が高く使用しやすい薬剤です。
トラセミドを服用していた方は心不全による総死亡と心臓死が低いことが明らかになっています。
ラシックスとの違いは?むくみが酷くラシックスの服用で排尿を増やしてむくみを和らげている女性は多いですが、ラシックス(フロセミド)とルプラック(トラセミド)の違いについてお話ます。
利尿薬で有名なフロセミド(商品名ラシックス)もトラセミドと同じくループ利尿薬に属しますが、違いが少しあります。
トラセミドがカリウム保持性という特性から低カリウム血症を起こしにくいというメリットがありますがラシックス(フロセミド)にはありません。
また利尿作用はトラセミドが上、降圧作用はフロセミドが上だと言われています。
作用時間はさほど変わりませんが、フロセミドのほうがやや短時間型で速効性があります。
日本での適用疾患にも違いはありますが、根本的な作用機序が同じであるためラシックスもルプラックも治療対象に違いはありません。

ご使用方法

ルプラックジェネリックを通常成人はトラセミドとして1日1回1回10~20mgを服用します。
年齢や身体の状態によって適宜増減しますが、最大用量はトラセミド200mgです。
高血圧治療に使用する場合は1日1回5mgを服用します。
4~6週間後にも降圧効果が現れない場合は1回10mgに増量し、それでも効果が現われない場合は他の降圧剤を併用します。
通常は朝~昼の午前中に服用します。
利尿剤のため尿量が増えトイレの回数が増えるため夜間の服用や電車に乗る前などトイレに行きずらい場面での服用は避けるのが一般的です。
副作用・使用上の注意 トラセミドの副作用は倦怠感、脱力感、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、低カリウム血症(倦怠感、筋力低下、動悸、便秘)、低ナトリウム血症(倦怠感、口渇、意識朦朧)、尿酸値上昇、耳鳴り、一時的な難聴などが報告されています。
また、薬の利尿効果が効きすぎると脱水症状や電解質失調を起こしたり血圧が下がりすぎることがあるため慎重な注意が必要です。
滅多に起こりませんが、トラセミドの重大な副作用として 肝障害、血液障害なども報告されています。
ルプラックジェネリック服用後に何らかの明らかな身体の異常がある場合は服用を中止してすぐ受診してください。
腎障害、肝障害、重度の冠硬化症・脳動脈硬化症、痛風、糖尿病、減塩療法中、高齢者の方はトラセミドの服用に慎重な注意が必要です。
特に糖尿病や痛風はよくある疾患ですが、ルプラックジェネリックの服用によって悪化する恐れが稀にあります。
無尿、肝性昏睡、体液中のナトリウム・カリウムが明らかに減少傾向の方はトラセミドを服用できません。
トラセミドと血圧降下薬を併用する場合は血圧の下がりすぎに注意してください。
強心薬のジギタリス製剤との併用はジギタリス中毒、安定薬のリチウム製剤との併用はリチウム中毒にに注意が必要です。
その他にも糖尿病治療薬、ステロイド薬、グリチルリチン製剤、一部の漢方薬などとは低カリウム血症の発現リスクが上がるので注意が必要です。
血圧が下がることでめまいやふらつきが起きる恐れがあるため、車の運転や危険な作業には十分注意してください。
また、ルプラックジェネリック服用中は電解質や尿酸値などを調べるため血液検査を定期的に受けることを強く推奨します。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.