ルプラックジェネリック10mg(トラセミド)は、ルプラック錠のジェネリック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ルプラック錠のジェネリック!利尿剤フロセミド(ラシックス)同様に尿量を増やしてむくみ(浮腫)を改善するループ利尿剤です。水分や電解物質を排泄し、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫などの改善に使用されます。
有効成分:トラセミド 10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱16403280
3箱12933879
5箱9964980
7箱8405880
10箱7587580
15箱6659975

商品の詳細

ルプラックジェネリック10mgはトラセミド配合で、ラシックス(フロセミド)と同じく、体内の水分や電解物質を排泄してむくみを取る利尿剤です。
※ルプラックの成分トラセミドは「ラシックス(フロセミド)」よりも利尿作用が強く、低カリウム血症の副作用が発症率が低いループ利尿剤です。
トラセミドは利尿剤の中では効果も高く、多くの方が服用しているお薬となっています。
トラセミドは「ループ系利尿剤」という分類のお薬で、医療用医薬品では「ルプラック」という商品名で、利尿剤の第一選択として用いられているお薬です。
体の中に血液が増加してしまうと、余った水分が浮腫として貯留してしまいます。
これが手足などの末梢に起こった場合、むくみとして現れるのです。
このような症状を改善するための方法の一つとして、多すぎる血液を尿として排泄してしまうという方法が挙げられます。
尿は血液が腎臓を通ることで、ろ過・再吸収されて作られます。
この際に深くかかわる部分が「ヘンレ蹄上行脚髄質部」にあるNa/K/Cl共輸送体という部分となり、ルプラック(トラセミド)はこの部分に働き掛けることでナトリウムおよび水分の再吸収を妨げ、尿量を増やすことでむくみや浮腫を改善することが出来るのです。
似たお薬にラシックス(一般名:フロセミド)やというお薬もありますが、トラセミドの方が後から開発された成分であり、利尿作用が強いことや、低K血症という副作用を起こしにくいこと、また遠位尿細管という部分にも働き掛けることが出来るということがわかっています。
医療用医薬品においては、早くから発売されている分、適応はラシックスの方が広くなっており、浮腫(むくみ)以外の高血圧や尿路結石排出促進などにも用いることが可能です。
また、ダイアート(一般名:アゾセミド)というお薬では、作用時間がラシックスやトラセミドよりも長いことがわかっており、医療現場では使い分けられています。
※この商品は、錠剤シートのみか、簡易箱にて配送しております。
商品画像は参考写真となりますので、予めご了承ください。

ご使用方法

高血圧の場合:成人で1日に1回、5m具を服用し、4~6週間で血圧低下が見られない場合は1日1回10㎎に増やします。
うっ血性心不全の場合:成人で1日に1回、10~20㎎服用します。
1日の最大服用量は200㎎を越えないようにします。
慢性腎不全:成人で1日に1回、20㎎を服用。
1日の最大服用量は200㎎を越えないようにします。
肝硬変の場合:カリウム保持性利用薬や、アルドステロン拮抗薬と併用するのが普通ですが、成人で1日に5~10㎎を服用。
1日の最大服用量は40mgとします。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
効能・効果は「心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫」とされています。
用法及び用量は「通常、成人には、トラセミドとして、1日1回4~8mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
」とされています。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。
副作用・使用上の注意トラセミドの副作用としては「肝機能障害、黄疸、血小板減少、低カリウム血症(力が入らない、筋肉痛、けいれんなど)、高カリウム血症、頭痛、倦怠感、のどの渇き」などが報告されています。
何らかの疾患により無尿となっている方、肝性昏睡のある方、体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している方、本剤の成分またはスルフォンアミド誘導体に対し過敏症の既往歴のある方においては、トラセミド利尿剤は使用しないようにして下さい。
相互作用のあるお薬としては、昇圧アミンであるノルアドレナリン、降圧剤であるACE阻害剤(レニベース、コバシルなど)、β遮断剤(テノーミン、インデラルなど)、アミノグリコシド系抗生物質(ゲンタシンなど)、セファロスポリン系抗生物質(メイアクト、フロモックスなど)、ジギタリス剤(ジゴシンなど)、尿酸排泄促進剤(ベネシッド)などが挙げられます。
各種糖尿病治療薬を服用中の方も、細胞内外のカリウム喪失がインスリン分泌の抑制、末梢でのインスリン感受性の低下をもたらすことで糖尿病治療薬の効果を著しく減弱させる恐れがあるため、トラセミド服用には注意をするようにして下さい。
また、トラセミドの利尿効果は急激にあらわれることがあるので、脱水や電解質の失調には十分注意して、少量から投与を開始して、徐々に増量する方が望ましいとされています。
トラセミドでは動物実験において骨格異常や体重増加抑制、母体毒性が認められているので、妊娠初期又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
そのほか、血圧が下がることによってめまい、ふらつきが現れることがあるので、自動車の運転や高所での作業、危険を伴う機械を操作する際には十分に注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.