ルミキシル30mlは、お肌に優しい美白医薬品ルミキシル

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

お肌に優しい美白医薬品ルミキシル!シミ・クスミや肝斑などの改善に使用


商品の詳細

米国の伝統ある大学、スタンフォード大学の皮膚研究者が開発した美白成分「ルミキシルペプチド」を贅沢に配合した最先端の美白剤クリームで、シミくすみ肝斑の治療や予防に使われます。
成分ルミキシルペプチドは天然アミノ酸で合成されたタンパク質で、粒子が小さく肌への浸透力が非常に高く、ハイドロキノンの17倍の効果があるとされます。
ルミキシルの美白効果は以下の2つの効果によってもたらせれます。
シミ、くすみ、肝斑の原因メラニン色素の生成に関与するチロシナーゼを86%阻害メラニン抑制効果が40%ルミキシルのよくある質問
●ルミキシルは何のお薬ですか?強い美白力と肌への優しさを兼ね備えた新しい薬用美白剤です。
●どのように肌に優しいのですか?肌の色素を作る細胞(メラノサイト)への侵襲性がないので、美白剤を使用するときの心配材料である「白抜け」のおそれがありません。
●ルミキシルはどのような作用で美白するのですか?成分のルミキシルペプチドが色素細胞にあるチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害してメラニン色素の生成を抑制します。
●どれくらいの美白効果があるのですか?ルミキシルはチロシナーゼのはたらきの86%を阻害すると言われています。
これはハイドロキノンの17倍の美白力に相当し、メラニン色素の生成を最大で40%減らす効果があります。
●ルミキシルの効果はどれくらいから現れますか?肌のターンオーバーが2回りする8週目くらいから効果が現れてきます。
●長期間連続使用しても問題はありませんか?まったく問題はありません。
継続して使用することでむらのない明るい肌色を手に入れることが期待できます。
●ルミキシルはどんな人によく使用される美白剤ですか?敏感肌だけど美白したいという人、美白剤は使いたいが肌の白抜けのリスクはおかしたくない人によく使用されています。
肌がピリピリしたり、赤くなったりしない美白剤が欲しいという人にも使用されます。
●ルミキシルは使用中にとくに紫外線対策に気をつけなければいけませんか?肌のバリア機能を低下させないので、ふだん通りのUVケアでOKです。
●ルミキシルの使用方法は?朝と夕方の1日2回、洗顔後に顔全体に塗ってください。
その後で通常通りの保湿、保護、UVケアを行ないます。
●ルミキシルはシミの部分などのピンポイントではなく、顔全体に使えるのですか?はい、顔全体に薄く塗り広げてください。
何となく黒っぽいくすみの解消にも効果があります。
●ニキビ跡の色素沈着にも効果がありますか?真皮層へのダメージには効果がありませんが表皮層の色素沈着なら効果が期待できます。
●肝斑にも効果がありますか?はい、肝斑の色もメラニン色素であることに変わりはないので、充分効果が期待できます。
●ルミキシルは顔以外の首やデコルテゾーン、手の甲などにも使用できますか? はい、使用できます。
ルミキシルと肌の白抜けシミくすみの治療では今でもハイドロキノンとトレチノインの併用が最も有効とされ、美容クリニックでもこの2種類の美白剤が用いられます。
しかし、近年、ハイドロキノンに限らず、美白系商品でも肌の一部が色抜けする「白抜け」が問題視されており、注意が必要です。
ルミキシルの特徴の一つが「白抜け」の心配がないことです。
ルミキシルの成分ルミキシルペプチドが肌の一部だけでなく均一的にメラニン生成を抑制するため、一部のみでメラニンが薄くなって色抜けの心配がありません。
もちろんハイドロキノンにしても正しく使用することで色抜けを防ぐことが当然できますが、不安を解消する点でルミキシルに優位性があると言えるでしょう。
肝斑の治療とルミキシル肝斑はシミと似ていますが、左右対称にでき、特に頬骨の周りに出やすいシミのタイプです。
原因は紫外線の受け過ぎによるメラニン沈着でなく、ホルモンバランスが原因と言われています。
肝斑を薄くするにはトラネキサム酸の服用が一般的で、補助的にルミキシルやビタミンCの補充も推奨されます。
ルミキシルと肌の刺激ルミキシルとハイドロキノンおよび他の美白剤と違う点は、肌に塗った際におきえる「ピリピリ感」が無いことです。
美白成分を含んだ薬用クリームを塗ると肌がチクチク痛むケースがありますが、ルミキシルはその症状も抑えられているため、お肌の敏感な方にも問題なく使っていただける美白クリームです。
効能効果シミ、くすみ、肝斑、色素沈着、予防、にきび跡の改善使用方法朝晩、洗顔をした後の乾いたお肌に数量を手にとり、シミ、くすみなどの気になる部分を中心にして、広げるように顔全体に塗布します。
化粧水を使用する場合、ルミキシルをシミやくすみの部分に塗った後、化粧水を塗布してください。
ルミキシルを塗った後に外出する場合、SPF30以上の日焼けクリームでお肌を守ってください。
このケアはハイドロキノンなどの美白クリームでも同様です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.