レキップ(塩酸ロピニロール)8mgは、パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。寝ているときに脚がむずむずして不眠症の原因になる「むずむず脚症候群」にも効果があります。
有効成分:塩酸ロピニロール 8mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱48804880
2箱36657330
3箱341010230
5箱306115305

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。
寝ているときに脚がむずむずして不眠症の原因になる「むずむず脚症候群」にも効果があります。
塩酸ロピニロールを有効成分にするお薬は、日本ではレキップ錠(GSK)、ロピニロール錠(日本ジェネリック)が発売されています。
パーキンソン病は50~60代で発症することが多い、運動機能の障害がゆっくりと進行する病気です。
手足の震えや身体のこわばりが主な症状です。
日本には10万人以上の患者がいますが、人口の高齢化によって今後患者が増えると予測されています。
むずむず脚症候群は日本の睡眠学会の医師の報告によって知られるようになった病気で、じっとしていている時に脚がむずむずする、痒いなどの症状がでて睡眠をさまたげます。
パーキンソン病もむずむず脚症候群もくわしい原因は不明ですが、神経伝達物質のドーパミンが不足することで起きると考えられています。
塩酸ロピニロールはドーパミン受容体に作用して脳内のドーパミン濃度を高めて、パーキンソン病やむずむず脚症候群の症状を改善します。
パーキンソン病ではレボドパ製剤と併用されるのが普通です。

ご使用方法

治療開始時は1回0.25㎎を1日に3回服用します。
服用開始から4週間にかけての服用量は以下です。
第1週:1日3回、1回あたり0.25㎎ 第2週:1日3回、1回あたり0.5㎎ 第3週:1日3回、1回あたり0.75㎎ 第4週:1日3回、1回あたり1㎎ 上記の初期治療が終わった後は1週間ごとに服用量を増量します。
1回当たり0.5~1㎎の増量で、1日当たり1.5~3㎎の範囲です。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 じんましん、発疹、性欲の高まり、暴食、攻撃的な傾向、めまい、傾眠など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.