レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mgは、SSRI第3世代抗うつ剤で有名なレクサプロと同成分エスシタロプラム 20m配合の低価格ジェネリック薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

SSRI第3世代抗うつ剤で有名なレクサプロと同成分エスシタロプラム 20m配合の低価格ジェネリック薬です。脳内伝達物質セロトニンの分泌濃度を高めて気分の落ち込みを改善します。うつ病、不安、パニック障害などの治療に処方される抗うつ剤です。
有効成分:エスシタロプラム 20m


セット数1箱あたり通常価格  
1箱78807880
2箱655213104
3箱590817724
5箱556127805

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mgは、抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリック商品です。
「レクサプロ」(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)は、デンマークのルンドベック社が開発したSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)系の抗うつ剤です。
海外では、2001 年にスウェーデンで初めて大うつ病性障害及びパニック障害注の適応症で承認されています。
その後、ヨーロッパ全土で承認され、2011 年4 月日本でも承認を得ています。
また、米国、英国、カナダ、オーストラリアなど世界96 の国と地域で承認され、2010 年8 月末までに、全世界で約2 億3 千万人に投与されているといわれています。
またレクサプロは、SSRI特有の副作用の少なさと、服用後比較的早期に効果が期待できるという点で、注目を集めるようになりました。
効能としては、うつ病・抑うつ状態・パニック障害・全般性不安障害など従来のSSRIと同様ですが、うつ病の再発防止に効果を発揮します。
レクサプロのよくある質問
●シタデップは何のお薬ですか?SSRIに属する抗うつ剤レクサプロのジェネリックです。
レクサプロは日本では2011年に承認されたSSRIのなかでも新しいお薬で、世界でもっとも多く処方されている抗うつ剤といわれています。
●SSRIとは何ですか?選択的セロトニン再取込阻害薬というタイプの第3世代の抗うつ剤です。
神経伝達物質のセロトニンにだけ作用するので副作用が少ないのが特徴です。
●レクサプロはなぜ多くの人に処方されているのですか?抑うつ症状を改善する効果が高い割に副作用が少ないことが評価されています。
抗うつ剤はある程度長期の服用が必要なので、効果と副作用のバランスが良いレクサプロは使いやすいお薬なのです。
薬の効果が早く出るのもレクサプロのメリットの1つです。
●なぜレクサプロはSSRIのなかでも副作用が少ないのですか?SSRIは選択的にセロトニンに作用するのが特徴ですが、なかでもレクサプロはセロトニンに集中的に作用するからだと考えられます。
●レクサプロジェネリックはレクサプロと同じ効果があるのですか?どちらも有効成分としてエスシタロプラムを配合したお薬なので効果は同等です。
●レクサプロジェネリックは先発薬より低価格ですか?はい、大幅な低価格になっています。
レクサプロは抗うつ剤の中では高価なお薬なので、ジェネリックの価格メリットが大きくなります。
●レクサプロの服用方法は?1日1回10mgを夕食後に服用します。
抗うつ剤はふつうじょじょに服用量を増やしていきますが、レクサプロは10mgのまま維持します。
ただし症状によって20mgまで増量できます。
●レクサプロは服用後どれくらいで薬の効果が現れますか?早ければ1週間くらいでうつ病改善の効果が現れます。
●レクサプロジェネリックはうつ病以外にも使用されますか?社交不安障害、パニック障害などの不安障害はセロトニンの不足が原因なので、セロトニンを集中的に増やすレクサプロが使われています。
●レクサプロの成分に副作用はありますか?SSRIのなかでも副作用は少ない方ですが、人によって抗うつ剤によくある、口の渇きや便秘、吐き気、めまい、眠気、体重増加、などの副作用が出ることがあります。
●レクサプロにも離脱症状がありますか?離脱症状は弱い方ですが、やはり急な断薬をすると離脱症状が出ます。
医師の指示に従って少しずつ薬の量を減らしていきましょう。
●未成年はレクサプロを使用できますか? 未成年の使用は望ましくないとされています。
やむを得ない場合は医師の指導の下に慎重に使用する必要があります。

ご使用方法

通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に服用します。
なお、年齢・症状により適宜増減しますが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととします。

副作用

主な副作用は、悪心、傾眠、頭痛、口渇、浮動性めまい、倦怠感、下痢、腹部不快感が報告されています。
頻度は少ないですが、重大な副作用として、痙攣、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、セロトニン症候群、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)が認められており、これらの症状が現れた場合は、服用を直ちに中止し、医師にご相談下さい。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。
>本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方ピモジドを投与中の方QT延長のある方(先天性QT延長症候群等)
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.