レステクリン(塩酸テトラサイクリン)250mgは、日本ではもっとも感染者が多い性病のクラミジアの治療に使われる抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

日本ではもっとも感染者が多い性病のクラミジアの治療に使われる抗生物質です。クラミジアと併発していることが多い淋病にも使用されます。抗菌範囲が広いのでその他の多くの感染症に使われています。重度のニキビ治療にも使用されます。
有効成分:塩酸テトラサイクリン 250mg

商品の詳細

日本ではもっとも感染者が多い性病のクラミジアの治療に使われる抗生物質です。
クラミジアと併発していることが多い淋病にも使用されます。
抗菌範囲が広いのでその他の多くの感染症に使われています。
重度のニキビ治療にも使用されます。
レステクリンと同じ成分のお薬として、日本ではアクロマイシンVカプセル(ポーラファルマ)などが販売されています。
性器クラミジアは性行為の際にクラミジア菌に感染することで発症する性病です。
日本ではもっとも感染者が多い性病で、20代の若い女性に感染者が増えています。
感染すると女性は外陰部の痒み、白いおりものなどの症状が出ます。
症状はそれほど重くありませんが、放置すると不妊症になることがあります。
レステクリンはテトラサイクリン系の抗生物質で、とくにクラミジアやマイコプラズマ肺炎によく効きます。
マクロライド系の抗生物質で効果がない耐性菌にも効果を発揮します。
有効成分の塩酸テトラサイクリンは、病原菌のタンパク質合成を阻害することで殺菌します。
抗菌範囲が広く、赤痢菌、サルモネラ菌などのグラム陰性菌のほか、ブドウ球菌、肺炎球菌などのグラム陽性菌にも効果があります。

ご使用方法

成人で1日1000~2000mgを服用します。
症状が軽度の場合は1日2回、1回当たり500㎎を服用するか、1日4回、1回当たり250㎎を服用します。
8歳以上の子供の場合、1日4回、1回当たり体重1kgあたり25~50㎎を服用します。
無併発性の淋病の場合:1回あたり500㎎を6時間ごとに服用し、7日間継続。
重度なニキビの場合:1日当たり1000㎎を、数回に分けて服用。
1週間ほどで症状が改善するのが一般的ですが、それから1日当たり125~500㎎に減量します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 じんましん、発疹、発熱、AST(GOT)、ALT(GTP)の上昇、食欲の不振、下痢、腹痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.