レボリューション中型犬用は、レボリューション中型犬用は、体重10~20kgの犬用フィラリア予防薬で、ノミやミミヒゼンダニの駆除・寄生予防効果もあります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

レボリューション中型犬用は、体重10~20kgの犬用フィラリア予防薬で、ノミやミミヒゼンダニの駆除・寄生予防効果もあります。犬の首筋に滴下するだけのスポットオンタイプで、速乾性があり、効果は1ヵ月間持続します。
有効成分:セラメクチン 120mg/ml

セット数1箱あたり通常価格  
1箱41484148
2箱39447888
3箱373511205
4箱360914436
10箱356935690

商品の詳細

フィラリア・ノミダニの予防薬No.1!
スポットオンタイプなので薬嫌いのワンちゃんも大丈夫!
毎月1回だけでフィラリア、ノミダニから守ります!
このレボリューションは中型犬(10-20kg)用のお薬となります。
レボリューション中型犬用は、セラメクチンを主成分とし、犬のフィラリアを予防するだけでなく、犬に掻痒や不快感をもたらすノミやミミヒゼンダニの駆除寄生予防にも効果的です。
経口タイプのフィラリア予防薬と違い、簡単に投薬することができるスポットオンタイプなので、お薬を飲むのが苦手な犬にも適したお薬です。
速乾性があるので、お薬を滴下して2時間以降であれば、雨などで滴下部が濡れてしまってもその効果は変わりません。
しかし、できるだけ効果を持続させるため、投薬後の数日間はシャンプーを避けたほうがよいでしょう。
効果は1ヵ月間持続するため、月に一度の投薬でフィラリア、ノミ、ミミヒゼンダニを予防することができます。
レボリューション中型犬用は、体重が10~20kgの犬に効果的で、安全にご使用することができます。
フィラリア予防薬を初めて投薬する犬や、フィラリア予防薬の投薬をお休みしていた犬に関しては、レボリューションをご使用する前に、動物病院でフィラリアの検査をしてもらいましょう。
すでにフィラリアに感染している犬に、フィラリア予防薬を与えてしまうと、アナフィラキシーショックなど、命に関わるほどの副作用を起こす危険性があります。
フィラリア予防について犬フィラリア症は、蚊を媒介して犬に感染、そして伝播されていく病気です。
蚊を媒介としているため、フィラリアの予防は、蚊が活動する時期の前(約1ヶ月前)から、 いなくなるまで行います。
通年を通して暖かく蚊が発生する地域では、フィラリアの予防を1年間通して行い犬をフィラリアから守りましょう。
犬フィラリア症に感染すると、イヌ糸状虫という寄生虫が心臓などに大変重い病害を起こし、場合によっては死に到ることもあります。
一度フィラリア症にかかってしまうと治療 は難しく、場合によっては手術が必要になるケースもあります。
このような恐ろしい病気を未然に防ぐため、フィラリアの予防が推奨されています。
フィラリアに感染した犬の体内では、ミクロフィラリア(第1期幼虫)が生まれ、蚊が感染した犬を吸血する際に、ミクロフィラリアも一緒に蚊の体内にとりこまれます。
ミクロフィラリアを体内に取り込んだ蚊が、他の犬を吸血することにより感染が広がっていきます。
具体的には、 成虫から生まれたミクロフィラリアは、犬の血液中で第1期幼虫のまま1年ほど生息。
ミクロフィラリア(第1期幼虫)に感染した犬を蚊が吸血すると、蚊の体内で第1期幼虫から第3期幼虫まで成長。
そして他の犬を吸血する際に、第3期幼虫がその犬に感染。
第3期幼虫が感染した犬の体内で、フィラリアは第3期幼虫〜第5期幼虫、そして成虫に成長。
成虫になったミクロフィラリアが心臓や肺動脈に寄生し、フィラリア症を発症。
フィラリア症に感染した場合、上記のようなルートで感染、発症、伝播していきます。
我が子をフィラリア感染から守り、他の犬に伝播させないためにも、フィラリアの予防をしっかり行いましょう。

ご使用方法

生後6週齢の子犬から投与することができます。
妊娠中または授乳中の犬にも安心してご使用いただけます。
1回の使用量は1ピペット分(1ml)です。
薬液は、犬の首筋と肩甲骨の間の皮膚に滴下してください。
月に1回の投与で、フィラリアノミミミヒゼンダニによる寄生を予防することができます。
たくさんの犬を飼っているお家では、すべての犬に、同時に投与するとより効果的です。
投薬前に、滴下部位の皮膚を確認しましょう。
皮膚炎などを起こしていないか、投薬部位が汚れたり、濡れたりしていないかチェックします。
Step1 薬剤の入ったチューブを上向きに持ち、キャップの部分をカチッと音がするまで親指で押し込みます。
キャップを外し、チューブ先端にきちんと穴が開いているか確認します。
Step2 肩甲骨前方、首筋の被毛をかき分け、チューブの先端を皮膚につけて、薬剤を皮膚に直接滴下します。
Step3 チューブを3~4回絞り、薬剤を全て使い切るようにします。
薬剤は1カ所に滴下します。
ピペットタイプ薬剤の使い方はこちら>> 副作用投薬部位の皮膚に痒みや赤み、脱毛など起きることがありますが、通常は数日で良化します。
薬剤を舐めてしまうと流涎や嘔吐を起こすことがあります。
投与部位を舐めないよう、注意してください。
非常に稀ですが、レボリューションの投与により、下痢(時に血便)や運動失調(ふらついたり、うまく歩けない状態になること)を起こすことがあります。
上記のような副作用がみられた場合には、早急に動物病院で診察を受けてください。
注意点ペットの種類体重に合った製品をご使用ください。
生後6週齢未満の子犬へのご使用はお避け下さい。
薬剤が完全に乾くまでは、滴下部位に触れないようにしましょう。
特に、お子様や他の犬や猫が触らないよう注意しましょう。
他の薬と併用する際には、必ず獣医師にご相談ください。
これまで、スポットオンタイプのお薬に過敏症を示したことのある犬にご使用する際には、まず獣医師にご相談ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.