レボリューション猫用は、猫用レボリューションは、世界中で最も信頼されている体内外寄生虫駆虫予防薬のひとつです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

猫用レボリューションは、世界中で最も信頼されている体内外寄生虫駆虫予防薬のひとつです。この1本で、手軽にノミ、ミミヒゼンダニ、と体内に寄生する回虫、鉤虫、そしてフィラリア症原因となるミクロフィラリアの予防が可能です。スポットオンタイプなので、手を汚す事も無く簡単に使え、効果は約1ヶ月間持続します。
有効成分:セラメクチン60mg/mL

セット数1箱あたり通常価格  
1箱50745074
2箱39017802
3箱377411322
4箱366114644
10箱360436040

商品の詳細

フィラリア・ノミダニの予防薬No.1!
スポットオンタイプなので薬嫌いの猫ちゃんも大丈夫!
毎月1回だけでフィラリア、ノミダニから守ります!
レボリューションは、体外に寄生する、ノミ、ミミヒゼンダニ、そして体内に寄生する、回虫、鉤虫、ミクロフィラリアの予防薬です。
主成分は、信頼性も高く、毒性は低いといわれている安全なセラメクチンです。
皮膚から吸収されたセラメクチンが血管内に浸透し、その血を吸血したノミ、ミミヒゼンダニをノックアウトします。
およそ24時間でほぼ100%駆虫、そして予防効果は約1ヶ月持続します。
セラメクチンは、ノミの成虫だけではなく、幼虫そして卵の孵化も阻止しますので、確実にノミの繁殖サイクルに打撃を与えます。
それ以外にも、食欲不振、栄養障害、胃腸障害の原因となる、お腹の中にいる回虫、鉤虫も駆虫します。
猫のフィラリア症は犬に比べると少ないですが、最近では報告例が増えています。
レボリューションなら、フィラリア症の原因となるミクロフィラリアまで予防できます。
レボリューションは、ミミヒゼンダニの仲間で、疥癬症の原因となるネコショウセンコウヒゼンダニにも軽度であれば、効果があると言われています。
使用月に1回、そして効果は約1ヶ月持続し、使い方はとても簡単。
飼い主様も愛猫もストレスを感じることなく、いやな寄生虫を駆虫・予防できる理想的なお薬です。
ノミとその他体内外寄生虫の駆虫と予防についてノミは非常に強靭な生命力と、繁殖力をもつ寄生虫です。
目を凝らさないと見えないような体調2mmぐらいの小さな虫ですが、草むら等に潜んで、その近くに動物が来たら、驚異的な跳躍力で動物に飛び移り、毛の中に隠れ皮膚に寄生します。
数が増えると、動物だけではなく、人間の血も吸血するようになり、その痒さは蚊に刺された時の数倍です。
あまりに多くのノミが寄生し、貧血を起こす猫も居ます。
ノミに寄生、吸血される事により、急激な脱毛を起こすノミアレルギーや、命にも関わる怖いヘモバルトネラ症(猫伝染性貧血)発症する事もあります。
それ以外にも、ノミは瓜実条虫の感染の原因にもなります。
瓜実条虫はノミに潜んでおり、猫がグルーミング等で、そのノミを飲み込んでしまったりすると感染します。
瓜実条虫はセラメクチンでは駆虫が出来ないので、感染する前に予防する事が大切です。
ミミヒゼンダニも、草むらに潜んでいます。
こちらも非常に小さな虫で、猫の耳の中に寄生します。
猫の耳の中が黒く汚れていたら、それはミミヒゼンダニの仕業です。
吸血される事により、とても痒がり、耳周辺を血が出るまでかきむしったり、頻繁に頭を振ったりするようになります。
お腹の中の寄生虫は、栄養摂取を妨げ、胃腸障害、食欲不振の原因になります。
草むらや、寄生虫の潜んでいる、土に触れたりすることで感染します。
回虫は人間にも感染しますので、きちんと予防される事が大切です。
猫のフィラリア症は、犬に比べると少ないのですが、発症した場合は犬より重症化しやすく予後も厳しいといわれています。
フィラリアは、蚊が媒介する病気ですが、いきなりフィラリアになるのではなく、まずはミクロフィラリアという、フィラリアの幼虫が体内に入ってきます。
ミクロフィラリアのうちにきちんと退治が出来れば、フィラリア症になる事は無いので、やはり予防が大切です。
レボリューションならば、これらの怖い寄生虫を1本で退治できます。

ご使用方法

ピペットタイプ薬剤の使い方はこちら>> フィラリア予防薬の投与前に、必ずペットの血液検査にて、ペットが既にフィラリアに感染していないことを確認してください。
フィラリアに既に感染している場合はフィラリア予防薬は投与できません。
月1回の投与です。
生後6週間から、妊娠中の猫にも使用可能です。
容量は体重別に分けられています。
こちらの0.75mlのものは、体重2.51kg~7.5Kgまでの成猫用になります。
体重に合った容量を必ずお守り下さい。
猫の舐めれないような場所、(首の後ろなど)の毛を掻き分けて、直接皮膚にピペット1本分をすべて塗布してください。

副作用

レボリューションは非常に安全性の高いお薬ですが、副作用も報告されています。
稀に、食欲不振になる事があります。
乾いていない薬液を、猫が舐めたりして経口摂取した場合、よだれ、嘔吐等の症状を引き起こします。
薬液を塗布した部分の毛の変色、脱毛が見られることがあります。
レボリューション投与後に、上記以外の異変もあった場合は、速やかに動物病院を受診してください。
注意事項外に長時間出ていて、フィラリア等に感染している可能性のある猫は、レボリューション投与前に動物病院でフィラリア検査を受け、フィラリア陰性を確認してから投与してください。
投与前に体重計測を行い、体重に合った、使用量を必ずお守り下さい。
衰弱、病気治療中、アレルギー持ち、高齢の猫は投与前に必ず獣医師にご相談下さい。
生後6週間以下の仔猫には投与しないで下さい。
重篤な副作用を招く事があります。
(死亡例が報告されています)薬液が手に付いたり、目の中に入った場合はすぐに洗い流してください。
30度以上になるところでの保管は避けてください。
開封したものは、1ピペット使い切るようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.