ロゲイン・ジェネリック10%(泡タイプ)は、ロゲイン・ジェネリック10%(泡タイプ)はシプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ロゲイン・ジェネリック10%(泡タイプ)はシプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。有効成分がミノキシジルが10%配合されており、これまで以上の効果が期待できます。
有効成分:ミノキシジル 10% w/w

商品の詳細

ロゲイン・ジェネリック10%(泡タイプ)にはミノキシジルという発毛効果成分が10%(ロゲインやリアップの2倍)含まれています。
ミノキシジルは元々アメリカで高血圧治療薬の成分のひとつとして使用されていた歴史があります。
内服患者様の中からは副作用として多毛を訴える人が多かったことが調査でわかり、降圧効果よりも発毛効果に注目があたるようになりました。
現在はその効果をもとにAGA治療薬として多くの製品に配合されるようになりました。
発毛のメカニズムとしましては血管拡張作用による毛乳頭細胞の活性化に働きかけ、頭皮の血行改善による髪の成長や強化に効果があるとされています。
国内ではドラッグストアで入手できるリアップという男性用育毛剤にも同成分が5%配合されており、長期的な使用で効果も認められています。
AGAは他の病気のように治療すれば・薬を飲めばすぐに治るというものではありません。
製品を継続的に利用することで効果も持続していくものです。
現在ではたくさんの育毛剤が店頭やインターネットで入手できる時代ですが、利用する方にあった製品を選択していく必要があります。
同じ成分でも配合量が多い製品を選択する方がより効果とお得感を得ることができるのではないでしょうか。
またロゲイン・ジェネリック10%は薬剤が泡となって出てくるタイプの製品となっております。
ローションタイプのものとは違い液だれ等の心配も少なくケアがしやすい商品となっております。

ご使用方法

ロゲイン・ジェネリック10%(泡タイプ)は1日に2回、朝と夜に1回ずつ使用していただきます。
1回の使用後、12時間程度間隔をあけてもらうことが望ましいです。
使用するにあたり、頭皮は清潔であり、乾燥した状態からケアに取りかかっていただきます。
例えば入浴後には髪の毛をしっかりと乾燥させた後、もしくは朝等は髪の毛に整髪料などを付ける前にご使用ください。
キャップの矢印とボトルの矢印を合わせると簡単にキャップが外れます。
1回の使用量はキャップ半分程度です。
1回量を増やしても効果は変わりませんので、決められた量を使用してください。
手に取る際には手の温もりですぐに泡が溶け出してしまうことがあります。
手が温かい時には水で洗うなどして手を冷やしからお使いください。
また濡れた手はきちんと乾かしてからご使用ください。
髪が薄くなっている部分を分け、可能な限り頭皮が見えるようにします。
本製品をキャップ半量指先にとり脱毛部分に擦り込み、頭皮をマッサージしながら浸透させていきます。
使用後はすぐに手を洗って下さい。
就寝前にご使用する場合は、薬剤が乾いたのを確認の上、お休みください。
お出掛けの前にご使用する場合も同様となりますが、薬剤がしっかり乾いたことを確認の上で整髪料をつける・髪の毛をセットする・帽子をかぶる等は行ってください。
効果に関しては使用後すぐに実感できるものではありません。
最長でも4か月程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
また本製品をご使用になりますと頭皮のかゆみやピリピリとした感覚を感じることがあります。
症状が強くなったり悪化したり、皮膚に何らかの異常を感じた場合には直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

副作用

ロゲインを使用し一般的に多く出る副作用症状は頭皮のかゆみやピリピリとした感覚です。
特に入浴直後の使用で同症状を訴える方が多いため、入浴直後のご使用は控えてください。
また元来ロゲインに配合されているミノキシジルは高血圧を治療する降圧薬として使用されていた経緯があります。
降圧薬との併用で過度な血圧低下を来す可能性もあります。
また過度な血圧低下による頭痛・めまい・吐き気などをもよおすこともあるため、降圧薬を内服されている方や元々血圧が低めであり心配な方は医師とのご相談の上ご使用ください。
その他の副作用は浮腫、体重増加、発疹などです。
使用・併用禁忌女性の方の使用はご遠慮ください。
また男女問わず、18歳以下の方の使用も禁忌となります。
使用中に副作用症状に記載があるようなかゆみ、発疹、ピリピリ感が持続し症状が悪化してくるようなら使用を中止してください。
また心臓疾患をお持ちの方は、当製品使用により病状が悪化する可能性もあります。
医師に相談の上、使用されるかご判断ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.