塩酸クロルプロマジン100mgは、日本でも患者数の多い統合失調症やうつ病などの精神疾患の改善に用いられ、世界的にも取り入れられている医薬品となっています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

日本でも患者数の多い統合失調症やうつ病などの精神疾患の改善に用いられ、世界的にも取り入れられている医薬品となっています!
有効成分:塩酸クロルプロマジン(Chlorpromazine)100mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱26802680

商品の詳細

塩酸クロルプロマジン(ラーガクティル)は、医師の処方箋が必須とされている強力な精神安定剤として知られています。
日本でも患者数の多い統合失調症やうつ病などの精神疾患の改善に用いられ、世界的にも取り入れられている医薬品となっています!
一般的な抗うつ剤は一錠あたりの金額が高額になっているなか、塩酸クロルプロマジンはジェネリック医薬品となっているため、比較的安値で処方を受けられるところも特徴のひとつ!
うつ病や統合失調症の原因となる神経伝達のはたらきをバランスよく保ち、受容体の物質の生成を抑える効果があります。
うつ病や統合失調症にありがちな悪心や嘔吐、不安や緊張などの症状を和らげるため、メンタルクリニックをはじめ、内科での処方も多く見られています。
脳内の神経伝達物質であるドパミン・セロトニン・ノルアドレナリンの発生のバランスが崩れることによって、うつ病や統合失調症を発症してしまうのが主な原因となっています。
そのような脳内の神経伝達物質のドパミンなどをバランスよく発生させる役割を持つのが塩酸クロルプロマジンであり、服用することによって神経を落ち着かせ、不安や緊張などの症状を和らげることができます。
統合失調症の代表的な症状である、幻覚や幻聴にもドパミンやノルアドレナリンの作用をバランスよくするため、たくさんの患者さんにも用いられています。
一般的には、うつ病や統合失調症の治療薬として取り入れられていますが、しゃっくりや嘔吐、吐き気の症状にも効果が高くあります。
世界ではじめての抗精神薬となっている塩酸クロルプロマジンは、塩野義製薬のウインタミン、田辺三菱製薬のコントミンなども販売されていますが、比較をするとドパミンなどの脳内神経伝達物質をバランスよく配合させることに、一番の効果があることがリサーチ結果で明らかになっています。

ご使用方法

精神障害の場合:目安として成人の場合、1日に30~100mgを服用します。
使用をし忘れた場合は次回分から使用し、一度に2回分を使用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意不整脈、血圧低下、白血球の減少、光に過敏、食欲の亢進、手や指の震え、めまい、不眠、頭痛、不安、など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.