植物性メラトニン3mgは、当メラトニンは100%天然の植物性メラトニンで、動物性メラトニンではありません

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

当メラトニンは100%天然の植物性メラトニンで、動物性メラトニンではありません。植物由来のため、ベジタリアンの方や動物性メラトニンに抵抗のある方にも安心して服用いただけます。
有効成分:Melatonin(メラトニン) 2.5mg ビタミン B-6 335mcg


商品の詳細

当メラトニンは100%天然の植物性メラトニンで、動物性メラトニンではありません。
植物由来のため、ベジタリアンの方や動物性メラトニンに抵抗のある方にも安心して服用いただけます。
快眠サプリとして話題となっているメラトニンは、睡眠ホルモンを配合した医薬品です。
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは、自然な眠りを導く作用をもち、脳の松果体からメラトニンが分泌されることで体温が下がり、分泌されてから1~2時間後に眠くなるメカニズムがあります。
このメラトニンは日光を浴びることで分泌が抑えられ、その後約16時間後に再分泌されて眠くなるといったサイクルがあります。
このメラトニンの分泌は、生活リズムに依存した体内時計がつかさどっていることが分かっています。
加齢と共にメラトニンの分泌は徐々に減っていくため、年齢を重ねるごとに睡眠に関する不調が増えていきます。
メラトニンが不足することで、寝つきが悪かったり睡眠が浅く翌朝の起床が辛いなどの症状をもたらします。
また、うつ病や不安症などの精神疾患を患う危険性も指摘されています。
メラトニンの分泌にはセロトニンというホルモンの影響が大きいことが分かっており、脳からセロトニンが分泌されることでメラトニンの活性を高めると言われています。
国内ではこのセロトニンの合成に必要なトリプトファンを含有したサプリメントは多数販売されていますが、メラトニンを主成分とした医薬品はまだ販売されておらず、開発・承認が期待されているお薬の一つです。
従来の睡眠薬と違い自然な睡眠を促す作用のあるメラトニンは、依存性や離脱作用も少なく体への負担も少ないとされています。
「睡眠薬は怖い」というイメージを持たれている方、昼夜逆転のお仕事をされている方や、ハードワークによりうまく寝付けない方、質の高い睡眠をとれていない方におすすめしたいサプリメントです。
また、メラトニンは睡眠への作用以外に、細胞の抗酸化作用と免疫力を高める作用も持ち合わせていることが分かっています。
不足しているメラトニンを補うことにより、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも貢献しています。
その他にも、ストレスを軽減する効果や血圧を低下させる働きがあることから、休息・回復ホルモンとも呼ばれています。
こんな方におすすめですなかなか寝付けない夜中や朝方によく目が覚める睡眠薬は副作用や依存性のため使いたくない朝起きても疲れが取れていない海外出張や海外旅行で時差ぼけを我慢せず解消したい睡眠の質を高めて老化を防止したい使用方法就寝30分~1時間前にメラトニンを1錠服用してください。
食事後すぐの服用より、空腹時の服用がより効果が高いことが分かっています。
飲み初めは3mgから服用を開始し、10mgを超える量の摂取は控えてください。
大量に服用することでより高い効果が得られるのではなく、睡眠障害などの危険性があるため用法用量を守って正しく服用してください。
一度服用した後は、できるだけ24時間以上空けて服用するようにしてください。
メラトニンの作用は光によって抑えられてしまうため、就寝時はカーテンなどで光をさえぎり、スマートフォンやパソコンなどの明かりもシャットダウンするようにしてください。
副作用・使用上の注意サプリメントのため医薬品に比べて作用はマイルドですが、肝臓系の疾患をお持ちの方、睡眠時無呼吸症候群の方、ナルコレプシーの方、脳に器質的障害のある方は原則服用ができません。
症状が悪化する恐れがあり、安全性が確立されていないためです。
有効成分としてフルボキサミンマレイン酸塩を配合した抗うつ薬である「ルボックス」「デプロメール」との併用は禁止されています。
お薬が効き過ぎることがあり、思わぬ副作用が現れることがあります。
稀にお薬の作用が効き過ぎることで、翌朝以後に眠気や注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあります。
自動車の運転や危険を伴う機械の操作をされる方は十分注意してください。
稀な副作用として、プロラクチンの上昇があらわれることがあります。
女性の方は月経異常や乳汁漏出、男性の方は性欲減退などの症状が認められた場合には服用を中止してください。
妊活中の方、妊娠中の方、授乳中の方は女性ホルモンへの影響があるため服用を控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.