Dベンロール(デスベンラファキシン)50mg は、抗うつ剤としてはもっとも新しいタイプのSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に属します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

抗うつ剤としてはもっとも新しいタイプのSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に属します。脳内神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンを増やして、抑うつ症状を改善して意欲を高める効果があります。
有効成分:デスベンラファキシン 50mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱34803480
2箱23904780
3箱19605880
5箱15767880

商品の詳細

うつ病の治療薬です。
抗うつ剤としてはもっとも新しいタイプのSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に属します。
脳内神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンを増やして、抑うつ症状を改善して意欲を高める効果があります。
日本ではDベンロールの有効成分であるデスベンラファキシンは未承認で、国内では販売されていません。
うつ病は40代以降に発症しやすい精神疾患で、気分が落ち込み、生きる意欲が低下する病気です。
原因はよく分っていませんが、脳内神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの不足が関係していることが分っています。
セロトニンには不安を取り除き気分を安静させるはたらきがあり、ノルアドレナリンには気分を高揚させて意欲を高める働きがあります。
Dベンロールの有効成分デスベンラファキシンは、第4世代の抗うつ剤のSNRIに属するお薬で、セロトニンとノルアドレナリンの脳内での濃度を高めて、気分の落ち込みを改善して、生きる意欲を高める効果があります。
脳内物質に選択的に作用するので、従来の抗うつ剤に比べて口のかわき、便秘、体重増加などの副作用が少ないのが特徴です。
服用を始めて1~2週間で効果が出始めます。

ご使用方法

1日1錠を服用します。
1日の最大服用量は400㎎です。
肝臓疾患のある方の場合、1日の最大用量は100㎎以下となります。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、下痢、吐き気、便秘、不眠、体重の減少など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.