Lカルニチン(脂肪燃焼)は、カルニチンは体内で必須アミノ酸(リジン・メチオニン)を材料に体内で生成されるアミノ酸 です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

カルニチンは体内で必須アミノ酸(リジン・メチオニン)を材料に体内で生成されるアミノ酸 です。体内に十分に存在すると脂肪の燃焼を助ける作用によるダイエット効果があるので、 不足分を補うためのサプリメントとして広く人気があります。 エムキュア社が販売するLカルニチンの量は1錠につき330mgです。
有効成分:Lカルニチン330mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱99809980
2箱879017580
3箱829324879
5箱791639580

商品の詳細

同じ有効成分(Lカルニチン)を含む他の医薬品 ボリュームピルズ – 4569円(1箱)~ 商品詳細L-カルニチンは脂肪燃焼効果があるので、ダイエットをサポートしてくれるサプリメントとして有名です。
カルニチンが体内に豊富に存在すれば蓄えてある脂肪が燃焼しやすい状態に なるのでダイエット効果が上がり、また脂肪が身体に付きにくくなって太りにくい体質へ導いてくれます。
体内でも合成できるアミノ酸ですが、個人差があることと、合成量は加齢とともに減少していくので、補充するためのサプリメントとして幅広い人気があります。
まずは脂肪燃焼のメカニズムですが、体内の脂肪が燃える時はまず中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸に変化します。
遊離脂肪酸は血液に乗って体内の細胞を巡り、細胞内のミトコンドリアに取り込まれてエネルギーに変化します。
カルニチンは、遊離脂肪酸がミトコンドリアに入る時に必要なアミノ酸です。
よってカルニチンが体内に多く存在すれば、より多くの脂肪を燃やせるようになるのです。
また、ミトコンドリアの代謝を活性化することで様々な細胞も活性化し、脂肪燃焼効果の他にも記憶力の増強や脳の老化防止、疲労感やだるさの解消、高脂血症を予防・改善、運動能力、免疫力アップ、不妊の改善など様々な魅力的な効果があります。
カルニチンにはLカルニチン以外にもレボカルニチン、DL-カルニチンなど種類があり、Lカルニチンに特に大きな脂肪燃焼効果があります。
使用方法Lカルニチンを服用するタイミングは基本的にいつでも構いませんが、脂肪燃焼効果を高めるためには、脂肪燃焼の引き金となる運動(特に有酸素運動)を開始する30分〜60分くらい前に服用しておくのが理想的です。
食事やアルコールもサプリメントの効果に関して影響がないので気にしなくていいですが、ダイエット目的の場合は脂っこい食事や食べ過ぎ、飲み過ぎは本末転倒になるので適度な量にしてください。
1日用量は500〜1000mgまでなので、ご自身の状態に合わせて適宜増減して頂いて問題ありません。
継続的に摂取するとだんだんと効果が現れてくるサプリメントなので、毎日の地道な継続服用がダイエットの近道です。
また、毎日同じ時間帯に服用するほうが体内のカルニチンの量を一定で安定させることができるので、できればそのような服用を心がけましょう。
たくさん服用したからといって効果が比例して大きくなるわけではなく、余剰分は尿中に排出されるだけなので注意してください。
初めは1回1錠から始めて様子を見ることをお勧めします。
重要なのは、Lカルニチンはダイエットをサポートしてくれるサプリメントですが服用するだけで痩せるというものではありません。
脂肪燃焼を始める合図がなければカルニチンがどんなに多く存在しても最初のステップである中性脂肪の分解が始まらないので意味がありません。
摂取カロリー < 消費カロリーという状態になった時、身体は蓄えてある脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとします。
そこからがカルニチンの出番になります。
そのため、カルニチンを服用していても食事制限や運動といったダイエットの併用が必要です。
副作用カルニチンは体内でも合成できて食事からも摂取できる物質なので、安全性は高いです。
そのためサプリメントで摂取しても、副作用が出る可能性はごく低いです。
カルニチンによる重大な副作用が起きたという話は今のところありませんが、過剰摂取をすると胃や腎臓に負担がかかります。
そのため下痢や腹痛などの副作用が起きる可能性があるので、服用は必ず決められた用量内におさえてください。
また、夜寝る前に服用すると、細胞が活性化するためか寝つけなくなる人も稀にいるようなので、体質にもよりますが就寝前はあまり摂取しないほうが賢明かもしれません。
また、Lカルニチンそのものではなく錠剤を作っている成分に対してアレルギーを起こす場合がごく稀にあります。
万が一服用後に身体におかしな症状が現れた場合、服用を中止し医師の診察を受けてください。
使用・併用禁忌安全性の高いサプリメントなので特に禁忌はありませんが、ワーファリンという抗凝固薬を 服用している方は抗凝固作用が増強する恐れがあるので注意が必要です。
ワーファリンの他にも併用している薬がある方は念のためLカルニチンを服用する前に医師 に相談してください。
また、妊娠している方への安全性は臨床試験などで十分に確認されていません。
授乳中は特に問題がないことが分かっております。
しかし妊婦や授乳婦の方はそもそも無理なダイエットは禁物なので、服用は控えた方がいいかもしれません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.