M-キャム(メロキシカム)7.5mgは、国内でも多くの製薬メーカーが販売

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

国内でも多くの製薬メーカーが販売!痛みを腫れをやわらげる非ステロイド性の鎮痛薬です。関節リュウマチや腰痛などの痛みに使用されます。鎮痛消炎剤のなかでは胃粘膜を荒らすことが少ないお薬です。
有効成分:メロキシカム 7.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱30803080
2箱19403880
3箱15274581
5箱11965980

商品の詳細

痛みを腫れをやわらげる非ステロイド性の鎮痛薬です。
関節リュウマチや腰痛などの痛みに使用されます。
鎮痛消炎剤のなかでは胃粘膜を荒らすことが少ないお薬です。
日本ではエムキャムと同じメロキシカムを配合したお薬として、モービック錠(ベーリンガー)、メロキシカム錠(東和製薬)などがあります。
腫れや痛みはからだの組織が傷ついたときにそれを修復しようとする免疫機能の副作用として生じます。
白血球などの免疫物質が患部に集中するために熱をもったり腫れたりするのです。
また、関節リュウマチはこの免疫機能が理由もなく組織を攻撃する自己免疫疾患と呼ばれる病気です。
エムキャムは、炎症や痛みを引き起こす物質のプロスタグランジンが合成されるのを阻害する作用があり、それによって腫れや痛みをやわらげます。
関節リュウマチ、腰痛、キーパンチャーに多い頚肩腕痛などに使用されるほか、抜歯や手術後の痛みどめにも使われます。
非ステロイド性鎮痛剤には胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こす副作用がありますが、エムキャムはその副作用が比較的少ないメリットがあります。
当薬と同成分のお薬 商品名:もービック、メロキシカム 製薬メーカー:ベーリンガー、東和製薬 有効成分:メロキシカム使用方法 成人で1日1回1錠を食後に時間を空けずに服用します。
1日の最大服用量は15㎎とします。
解析治療を受けている場合は1日の服用量は7.5㎎以下にします。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 低血圧、食欲の不振、胃炎、食道炎、動悸、下痢、消化不良など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.