閉経後の膣の渇き、性交痛を改善する女性ホルモンのクリーム!アプリケータで薬剤を膣に挿入し尿失禁、外陰部の痒みなどにも効果があります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

オベスチン膣クリーム(エストリオール)

閉経後の膣の渇き、性交痛を改善する女性ホルモンのクリーム!

有効成分:エストリオール 1mg

  • 更年期障害の原因・症状

内容量 15g

オベスチン膣クリーム
オベスチン膣クリームの梱包
オベスチン膣クリームの価格

オベスチン膣クリーム(エストリオール)のご購入はこちらから

商品概要

閉経後の膣の渇き、性交痛を改善する女性ホルモンのクリームです。アプリケータで薬剤を膣に挿入します。

尿失禁、外陰部の痒みなどにも効果があります。

女性ホルモンのエストリオールを配合したお薬は、日本では内服薬のみで膣剤は発売されていません。

女性は閉経にともなって卵巣からのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が停止します。

それによって生じるのが、膣の潤い不足、性交痛、膣内の抗菌力の低下による感染症(カンジダ症など)です。頻尿、尿失禁などの下部尿路障害も発生しやすくなります。

これらの症状は、エストロゲンの不足によって生じる膣萎縮によって生じます。膣、クリトリス、小陰唇が委縮して粘膜が薄くなることによって、乾燥しやすく雑菌に対する抵抗力が弱まります。

オベスチン膣クリームは、卵胞ホルモンのエストリオールを供給することで、このような性器の変化にともなう、性交痛、痒み、ヒリヒリ感、尿失禁などの不快な症状を改善します。

また、女性ホルモンの補給によって更年期障害の自律神経失調が改善するので、突然の発汗やのぼせ、頭痛、イライラなどの症状を軽減する効果もあります。

使用方法

  • 膣萎縮(下部尿路萎縮)の場合:目安として1日1回1アプリケーションから開始し、症状に応じて1週間に2回(1回に1アプリケーション)を使用します。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
  • 以下のアプリケーションの仕方をお読みください。

アプリケーションの仕方

  • キャップを外してチューブの先にハリなどで穴をあけて、アプリケーションの片方をチューブにねじ入れます。
  • アプリケーターの吸入具がストップするまでチューブを推してクリームを入れます。
  • アプリケーターを回してチューブから外してチューブはキャップをして閉じます。
  • 仰向けに寝転んで膣の奥までアプリケーターを入れます。
  • アプリケーターの中身が無くなるまで吸入具を押してクリームを注入します。
  • 使った後は吸入具とアプリケーターを石鹸、ぬるま湯で洗います。

副作用・使用上の注意

  • 炎症、胸痛、胸部の不快感、そう疹など。
  • 妊娠中、乳がんの女性や疑いのある女性、子宮内ガンなど悪性腫瘍のある人、疑いのある人、狭心症や心筋梗塞を起こした経験のある人、急性肝臓疾患、肝機能検査の数値が正常値に戻らない疾患のある人などは使用しないでください。

メーカー・発送国

Aspen Pharma(アスペン ファーマ) / 発送国:シンガポール

有効成分

エストリオール 1mg

内容量

15g

オベスチン膣クリームの口コミ・評判

若い頃からホルモンバランスが悪いためか、細菌性の膣炎やカンジダ膣炎に悩まされていました。婦人科でエストリオールの内服錠は処方され飲んでいたこともあるため、名前は知っていましたが外用薬は見たことがなかったので少し不安でした。しかし当時性交痛に悩まされていたことと、カンジダ膣炎の再発を繰り返すようになったため、思い切ってこちらの商品を購入してみました。価格は少しでも安い方がいいので、初めての使用でしたがまとめ買いをしました。使い始めてからしばらくすると性交痛は改善し、カンジダ膣炎の再発もなくなりました。膣内環境が整い、自浄作用も高くなったのだと喜んでいます。婦人科は内診などがあるので少し行くのに抵抗がありますが、このように自分で治すことができると大変助かります。効果は確かだと思いますが、個人的にはこのアプリケーターの使用が面倒だと思います。あと、使用後のアプリケーターは毎回水洗いしているのですが、窪みに入り込んだ軟骨が流しきれずに残ってしまうので、衛生面に不安があります。分解して全体を綺麗に洗い流せるアプリケーターがあればいいのにと思います。または、軟膏ではなくて膣錠の方が使い易いと思うので、膣錠があればいいのにと思います。
年齢と共にトイレが近くなったりかぶれ易くなったりで困っていました。このクリームを使い始めてからは痒みもなくなり必需品になりました。トイレが近いのは変わりませんが、かぶれなくなったのが嬉しいです。使い方は以前タンポンを使ったことがあるので(アプリケーター付きの)問題なかったです。以前このサイトの使い方の説明どうり始めの一週間は毎日就寝前、その後は徐々に使用回数減らして週2回程度でエストロゲン量維持できるとありましたので今は週2〜3回使用しています。閉経して5年ほど経ちますので出血すると困りますが、このクリームはその心配がありません。これも以前使用法に書かれていましたが、、削除されたのかな?

オベスチン膣クリーム(エストリオール)のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.